ジャイロX用 アルミビレットハンドルポストキット

ジャイロXのカスタムを希望するユーザーは大勢いらっしゃいます。
もともと、軍事用の開発されたジャイロX。
業務用に生まれ変わっても、頑丈でごっつい事には変わりませんが、またそれが魅力でもあり、一般ユーザーにも愛されています。

ジャイロXを愛する、すべてのユーザーに、今日は「アルミビレットハンドルポストキット」を紹介しましょう。

これの優れた特徴は、これだけのカスタムを「自分で出来ちゃう」ってことです。

ジャイロXをまずカスタムしようと思うと、ハンドル周り、メーター回りですよね。
純正の状態でも、カウルを外して、サンダーであちこちぶった切り、再塗装をすれば、バーハンドル化することはできますが、手間がかかってしまいます。
カスタムショップであれば、加工する為の工具はいくらでも揃っていますが、個人の方が実際に施工するには工具から揃えなければならない為、現実味がありません。

今この記事をお読みのあなた。
朗報です!
なんと気軽に加工が可能なキットが開発されました。

「ジャイロX用 アルミビレットハンドルポストキット」

アルミビレットハンドルポストキットでバーハンドルを取り付けた例
アルミビレットハンドルポストキットでバーハンドルを取り付けた例

どうですか?このイカシタハンドル!

前からも見てみましょう。↓

アルミビレットハンドルポストキットでバーハンドルを取り付けた例
アルミビレットハンドルポストキットでバーハンドルを取り付けた例

バーハンドルにすることでカスタムの幅が広がります。
バーハンドルにするとなると問題になるのが、メインキーやパーキングレバーを移設です。
それを簡単に取り付けられるようにしたのが、「アルミビレットハンドルポストキット」です。

アルミビレットハンドルポストキットの取り付けた状態
アルミビレットハンドルポストキットの取り付けた状態

別の角度からも見てみましょう。

アルミビレットハンドルポストキットの取り付けた状態
アルミビレットハンドルポストキットの取り付けた状態

バッチり、メインキーやパーキングレバーが収まっています。
バーハンドルを取り付けるには、この「アルミビレットハンドルポストキット」をおススメします。

アルミビレットハンドルポストキット」の本体はこんな感じ↓

アルミビレットハンドルポストキット本体
アルミビレットハンドルポストキット本体

別の角度からも見てみましょう。

アルミビレットハンドルポストキット本体
アルミビレットハンドルポストキット本体
アルミビレットハンドルポストキット本体
アルミビレットハンドルポストキット本体

気になるのはお値段ですよね。
機械が好きな方、技術が好きな方なら大体わかると思いますが。
加工が難しいアルミで、これだけの精度を求めたものを切り出しで作るとなると、自動加工機を使ったとしても、5、6万円はするでしょう。かなり、大量に作れたとしても、4万円は切れないでしょうね。
そんな意見になると思います。これは、日本国内で作ればそうだと思います。

ではこちらのお値段。なんと!
ジャイロX用 アルミビレットハンドルポストキット」品番:hwh-1
メーカー希望小売価格 24,800円(税抜き)

これを開発・製造・販売しているのが
東京の下町江戸川区のバイクパーツメーカー ワールドウォーク

安さの秘密は、海外生産に成功した事。日本国内製造の半額ぐらいではなかろうか。
購入を検討さるなら、以下のサイトを参考にしてください。



ちなみに在庫は稀少なので、ほしい場合は早めに注文しておいた方が良いと思います。’

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です